保険で歯科治療は その1

患者サイドから見た保険の歯科治療

よく歯の治療を保険でやって欲しいという話を聞く

歯科治療1

何故、保険治療を望むのか?
大きく2つの理由があると思う。

1.お金がかからないから

2.国の認めた治療で安心出来るから

そして、もうひとつ

毎月保険料払っているし、なんとなくそっち(保険治療)の方がいいと思う!

こんなところですかね。

では、実際はどうなのでしょうか?

1.に関しては確かに保険で負担してもらえるので、安い気がする。

でも、本当はどうなのでしょう?
日本は国民皆保険ですから、少しの事でもすぐ医者に行く。
風邪でも腹痛でも。。。歯の治療でも

皆さんは、お医者さんへ行った時に処方されたお薬を全部使い切ってますか?

でもでも、今 そうやって皆が保険料を無駄使いするので、保険制度はアップアップの状態で本当に治療の必要な方へのフォローが十分にされていないのが現状です。

ちょっと話がズレたようですが、実は歯医者さんも同じで、治療に行く回数を減らせば保険料も使わなくなるのです。

実際に保険使って何度も治療するより、自費治療でキチンと治して、その後予防を徹底することにより、トータルの費用では安くなる例はたくさんあります。

そして、その方が自分の健康にもとってもいいのです。

保険で安く治療して、また甘い物食べて歯を悪くし、歯医者さんへ行く。
それを繰り返して、ついには抜く事になりブリッジや入れ歯になる。それでも甘い物を食べ続けてついには総入れ歯になってしまう。

かたや、費用は多少かさむが自費治療で治し、その後の定期メンテナンスや食事指導をキチンと受けて二度と虫歯や歯周病にならない。

どっちが素敵な生活が出来て、
どっちがトータルの治療費が安く済んで、
どっちが国のために貢献しているのでしょうか?

そんな視点で歯科治療を見てみると、今までとは違う価値観が生まれてくるかもしれませんね。

1月25日は、そんなお話も聞けるチャンスです。
RDRDサポーターズ主催のチャリティ講演会「削らない抜かない歯科治療」にぜひお越しください。
詳しくはRDRDサポーターズのHPで

カテゴリー: RDRDイベント, ホメオスタシス タグ: , , , , パーマリンク