ミネラルで歯を治す!

削らない歯科治療

何故、ドックベストセメントが素晴らしいのか?
ドックベストセメントd
・歯を削らないで虫歯を治す。
・神経を取らずに治療が出来る。
・痛く無く、麻酔も使わずに歯の根っこの治療が出来る。
・セメントの効果が長期間続き、歯(象牙質)を再生させる。
・何回も通わなくも治療が出来る。

等々 素晴らしい事満載なのですが、もっとも優れているのは、成分が天然のミネラルであるとこであると私は思います。

ドックベストセメントの成分は、鉄、銅、酸化亜鉛、酸化チタン、リン酸、水酸化アルミなどの天然のミネラルなんです!
鉄イオンと銅イオンのイオン化傾向の差から生まれる電子の移動が殺菌力になり、虫歯菌に侵された歯の象牙質の無菌化を促します。
これは、全く自然界のローテーションと同じであるために、何ら人体に悪影響を及ぼさないのです!

この治療法は、削る治療法が主流になる前 19世紀後半にすでに行われていたのです。

自然の治癒力って素晴らしいですね。

それを忘れて、自分の知恵、力を過信した科学の進歩と言う言葉に振り回された100年間が20世紀だとすれば、21世紀はそれをニュートラルに戻す時代だと思います。

人間の歩みが自然の営みと歩調を合わせて、この宇宙の進化、発展、向上のために生きる!

そんな100年になるのでしょう。

話は変わりますが、筋ジストロフィーという難病に犯されながら、逞しく歌い続ける綾子さんが読売新聞で紹介されました!
小澤綾子さん
小澤綾子さんは、自分の境遇が不幸な物であると悩む事から脱却し歌う事で皆さんに感動させる事勇気付ける事が自分の生きる意味だと悟り歌い続けています。これからはこのような方がどんどん増えて行くのです。
難病は、いけないもの悲しいもの可哀想なものと言う概念そのものも変わって行くのですね。
YouTube Preview Image
歯科治療もそのように変わって行くのが楽しみです。

1月25日はRDRDサポーターズのチャリティ講演会で新しい歯科治療の可能性と題してドックベストセメント治療の第一人者 小峰一雄先生にお話いただきます。
ぜひお越しください。
チャリティ講演会の詳細はこちら

以上

カテゴリー: RDRDイベント, ホメオスタシス タグ: , , , , パーマリンク