筋ジストロフィーの筋肉が再生された!!

ついに京都大学ips細胞研究所の櫻井先生のグループがやりました。
京大ips細胞研究所の櫻井先生
NHKのニュースです

iPS細胞に特殊なたんぱく質を加えるだけの安全性の高い方法で筋肉の元になる細胞「筋肉幹細胞」を作り出すことに京都大学のグループが成功しました。
この研究を行ったのは京都大学iPS細胞研究所の櫻井英俊・講師らのグループです。
グループはヒトのiPS細胞に特殊なたんぱく質を加えるなど培養の条件を工夫し、筋肉の元になる細胞筋肉幹細胞を作り出すことに成功したということです。
また、この筋肉幹細胞を筋ジストロフィーのマウスの足に移植したところ、筋肉が再生されるのが確認できたということです。
これまで筋肉幹細胞はiPS細胞に人工的に遺伝子を入れる方法で作ることができていましたが、この方法では筋ジストロフィーの治療に使うことを考えた場合、腫瘍を作る可能性があるのではないかと安全性に課題が指摘されていました。
櫻井講師は「実用化を考えると、遺伝子を入れる方法は本当の意味で安全か疑問が残る。今回、遺伝子を入れないで筋肉幹細胞を作れたのは治療の実用化に向けた一歩になると思う」話しています。

これから、筋肉系の色々な難病の治療に期待がもてますね。
みんながんばって生きてね。
絶対に素晴らしい未来が待っているからね

筋ジスと闘い歌う歌姫AYAKO こと 小澤綾子さんもがんばっていますよ。

小澤綾子さんのCD制作応援サイト

4月1日のチャリティ食事会でもご案内します。
チャリティ食事会の詳細はこちら

カテゴリー: RDRDイベント, ホメオスタシス タグ: , , , , , パーマリンク