ももちゃんファミリーの笑顔

昨日に引き続き
映画のお話です。

『Givenいま、ここ、にあるしあわせ』
は、もう観ましたか?

マッハは、
18トリソミーの
ももちゃんファミリーとは
以前からお付き合いがあり、
とても素敵な映画に
仕上がっていて
感動でした。

ももちゃんファミリー@ips研究所

ももちゃんファミリー@ips研究所2105/2/13

これも、また
ワンネスな世界観ですね。

この映画、残念な事に
現在は、字幕がありません。
そこで、RDRDサポーターズでは
字幕あるいは、手話通訳を交えた
上映会を開催予定です。

近日中にイベント情報をお知らせします。

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
Given ~いま、ここ、にあるしあわせ~

あなたの見えなかった<しあわせ>が見えるようになる
人間ドキュメンタリー
この映画には、難病の子どもとその家族が登場します。ですが、彼らを支援するためにつくられたものではありません。彼らが〈いのち〉と向き合い、日々、泣き笑いしながら生きる姿を綴ったヒューマン・ドキュメンタリーです。生きることに手を抜いていては、決して辿りつけないところに〈しあわせ〉はあります。だけど、せいいっぱい生きてみたら、こんなに近くにあったのかと気づかされます。
この映画は、〈あなた〉が自分自身をみつめ、考え、〈いま〉を生きるために、きっと力をくれるでしょう。
なぜなら……
“He lives in You.(答えは、あなたの中にある)”
『Given ~いま、ここ、にあるしあわせ~』 は、あなたの映画です。
【塩川ファミリー】
<いのち>と引き換えるように左目と顔の半分近くを失った長男。
母「持っていないものや、失ったものを数えるより、いま、あるものに気が付けるかが、大切だと思うんです。大切とか、大事ってものは、一番近くにあるんです。そう気が付くことは、なかなか難しいけれど…」
【志藤ファミリー】
結婚5年目にしてようやく授かった一人娘は、一日一日進行する難病だった。<いのち>を守るため、両親はある決断を迫られる。
父「誕生日は嬉しくないんです。むしろ、今日、このままで、時が止まって欲しいです」
【米田ファミリー】
うまれてすぐ<いのち>は2週間しかもたないだろうと宣告された二女。
母「実はもう一人、息子がいたんです。2週間の短く、小さないのちでしたが、本当はいたんです。二女は、その子の命日に授かったんです。だから、どんなことがあっても、この娘のいのちは、生かされたいのちなんです」

『Given ~いま、ここ、にあるしあわせ~』(2016/日本/カラー/90分)
語り・主題歌:綾戸智恵
企画・総指揮:大住力
映像:橋本和典
音楽:KOTEZ
ナレーション:熊谷麻衣子
プロデューサー:近藤正典
アシスタントプロデューサー:水戸川真由美
監督:高橋夏子
企画製作・配給:公益社団法人難病の子どもとその家族へ夢を

『Given ~いま、ここ、にあるしあわせ~』
http://given-imakoko.com/

△▲△▲△▲△▲△▲△▲

【マッハのつぶやき】

機は熟してきたようだ。

明日は、第一弾を
発表できそうです(^O^)

※毎日1回のお願い※

【その1】クリックだけで、支援できる
【gooddoの応援クリック】
gooddo

【その2】RDRDブログは今何位??
バリアフリーブログランキング

【過去の笑顔動画】
こちらのyoutubeから、
ご覧いただけます。

カテゴリー: 笑顔だより タグ: , , , , , , , パーマリンク