RDRDサポーターズ VOL8 さとみさんはアスペルガー症候群!?

今回は、ビデオ機材を一新してskypeもプレミアムにして挑戦しました。
まだまだ反省点 多数。。 以前よりは 聞きやすくなりましたか? (^-^;

では、牧場のおっさんこと鈴木さんとアスペルガー症候群とは思えない気配りのさとみさんのお話からです。
YouTube Preview Image

俺、施設に貢献できるかな!!
YouTube Preview Image

命ってこういうもんなんだな
YouTube Preview Image

社会福祉法人つくるべ!! ← 出来る訳ないでしょ!! By 障がいを持つ子供のお母さんたち
そこから始まった
YouTube Preview Image

RDRDのTシャツ初披露です!!
YouTube Preview Image

いやあ 熱血トークでしたよ
今回も気づき一杯 ありがとう みなさん ほんとに ありがとう ありがとう
少しでも多くの人に観てもらい内容です

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群(アスペルガーしょうこうぐん、Asperger Syndrome, AS)は、社会性・興味・コミュニケーションについて特異性が認められる広汎性発達障害である。日本語ではしばしばアスペとも略して呼ばれる。
各種の診断基準には明記されていないが、総合的なIQが知的障害域でないことが多く「知的障害がない自閉症」として扱われることも多い。なお、世界保健機関・アメリカ合衆国・日本国などにおける公的な文書では、自閉症とは区別して取り扱われる。精神医学において頻用されるアメリカ精神医学会の診断基準 (DSM-IV-TR) ではアスペルガー障害と呼ぶ。DSM-5ではアスペルガー障害の名称はなくなり、自閉症とともに自閉症スペクトラム(autism spectrum disorder)に統一される予定。
対人関係の障害や、他者の気持ちの推測力など、心の理論の障害が原因の1つであるという説もある。特定の分野への強いこだわりを示したり、運動機能の軽度な障害も見られたりする。しかし、カナータイプ(伝統的な自閉症とされているもの)に見られるような知的障害および言語障害は、比較的少ない。

歴史

発症の原因については自閉症#原因を参照のこと。近年、脳の先天的な機能障害と理解されるようになった。

概要

アスペルガー症候群の定義や「アスペルガー症候群と高機能自閉症は同じものか否か」については諸説あるが、高機能自閉症(知的障害のない、あるいはほとんどない自閉症)と区別されることは少なくなってきている(アスペルガー症候群は、知的障害の有無を問わず、言語障害のない自閉症を指すという研究者もいる)。このような概念の未整理については議論や批判があり、それを受けて2013年発行予定のDSM-5の草案ではアスペルガー症候群は独立した診断分類としては削除され、自閉症スペクトラムに包括される方針とされている[3]

自閉症の軽度例とも考えられているが、知的障害でないからといっても、社会生活での対人関係に問題が起きることもあり、知的障害がないから問題がほとんどないとすることはできない。知能の高低については、相対的に低いよりは高い方が自活能力が高いとみなされるが、成人の場合、知能の高さは必ずしも安定就労に結びつかないという調査報告もある[4]。これは、アスペルガー症候群としての特性の数々は知能の高低にかかわらず就労の場において(しばしば重大な)障害となるのに、知的障害者としての庇護が受けられる者にくらべて、一見定型発達者と区別がつかない知的障害のない者への理解やサポートは、ほとんど進んでいなかったからである。日本では従来、アスペルガー症候群への対応が進んでいなかったが、2005年4月1日施行の発達障害者支援法によりアスペルガー症候群と高機能自閉症に対する行政の認知は高まった。しかし、依然社会的認知は低く、カナータイプより対人関係での挫折などが生じやすい環境は変わっていない。

また、注意欠陥・多動性障害(AD/HD)や学習障害(LD)などを併発している場合もある。このような合併障害があることと、「アスペルガー」や「自閉症」という言葉には偏見があることなどを理由に、まとめて「広汎性発達障害(PDD)」や「発達障害」と呼ぶ医師も増えている。なお自閉症スペクトラムの考え方では、定型発達者とカナータイプ自閉症の中間的な存在とされている。

以上 wikipediaより

今後のRDRDのスケジュールはこちらから

カテゴリー: RDRDイベント パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です